Iwakuni HomeNews

 

米海兵隊岩国航空基地

米海兵隊岩国航空基地、公式ウェブサイトへようこそ。岩国基地は本州唯一の米海兵隊基地です。
ニュース Search
ニュース
基地隊員が日本の子供達にハロウィンの基礎を教える

By クラウディオ・マルティネス兵長 | | October 26, 2010

SHARE

囚人、海賊、魔女に扮装した隊員が小さな階段を上っていくと、その先の教室では子供達が待ちきれない様子で待っていた。

お菓子やクッキーの入ったバッグを持って隊員が教室に入ると、興奮して驚いた様子の子供達は大声で叫んだ。

岩国基地教会、宗教プログラム担当のルイス・アベラルド海軍三等軍曹は、恐ろしい狼男になって子供達の前に立った。

その狼男が手を動かして引っ掻く様子をしたり、低いうなり声をあげると、他の子の後ろに隠れておっかない様子で見ている子もいた。
それ以外の子供達は飛んだり跳ねたりしながら、声を出して笑ったり、くすくす笑ったりしていた。アベラルド海軍三等軍曹や他の隊員たちと遊ぶ準備ができていた。

10月26日、岩国市内にある海土路保育園を十数名の岩国基地隊員が訪問した。

隊員はゲームやハロウィンの伝統を教えながら、午前中を子供達と過ごした。アベラルド海軍三等軍曹は、「保育園への訪問は、アメリカの文化を子供達と体験し、コミュニティとのつながりを強くする素晴らしい方法だ。」と話す。

「(子供達が家に帰ると、)子供達はハロウィンのことを家で話すだろう。」とアベラルド海軍三等軍曹。「自分達が保育園に来たときの様子や、お菓子をあげたこと、ハロウィンのお祝いの仕方を習ったことなどを家の人に話すだろう。」

隊員は衣装を脱いで子供達に自己紹介をした。笑顔の子供達は目を大きく見開いて、隊員が衣装を脱ぐ様子を不思議そうに見ていた。

「子供達は今日、隊員の皆さんが来るのをとても楽しみにしていました。」と話すのは、海土路保育園のコバヤシアヤカ先生。「昨日からみんなでハロウィンについて勉強していました。隊員のみなさんが保育園に来て、ハロウィンについて教えてくれたことを子供達はとても喜んでいます。」

多くの子供達にとって、この日の朝に見たものは初めての経験だった。

「ハロウィンのような習慣は日本にはありません。」とコバヤシ先生。

「隊員の皆さんに来てもらって、ハロウィンのような何か新しいことを一緒にすることは、子供達の心を異文化に対して開かせる素晴らしい方法だと思います。」とコバヤシ先生は付け加えた。

隊員は教室の前に立ち、子供達に「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」を教えようとした。

隊員は「1,2,3」と数えた後「トリック・オア・トリート」と叫び、子供達に自分達の後について繰り返すように言った。

最初は笑いながら困ったように隊員たちを見つめていた子供達だったが、何度か練習すると子供達もコツをつかみ、揃って「トリック・オア・トリート」と繰り返した。

新しい英語のフレーズを覚えた後はゲームで一緒に遊んだ。保育園の先生が音楽を演奏し始めると、子供達は教室の中をぐるぐると回り始めた。

音楽が終わると、隊員の一人が数字の書かれたカードを上に上げる。すると子供達はその数を大きな声で叫んだ。

その数をみんなで言った後、その数と同じ人数のグループを作る。

子供達は隊員とグループを作ると、隊員の衣装を見ようとして体の上に登っていった。

ゲームが終わると、隊員は子供達を教室に残して、別の教室へ移動した。

子供達は二人ずつで隊員が移動した教室に入り、「トリック・オア・トリート」と叫んだ。

隊員一人ずつがお菓子を配ると子供達は満面の笑みを浮かべて受け取り、教室を出た。「とっても楽しかった。」と話すのは、海土路保育園のタケモトマリンちゃん(6歳)。「ハロウィンは大好き。」

タケモトマリンちゃんは「隊員のお兄さんやお姉さん達にまた保育園に来てほしい。」と言う。子供達が欲しいだけお菓子をもらい、お菓子がなくなると、隊員たちは後片付けを始めて基地に戻る準備をした。

隊員が階段を下りていくと、子供達は保育園の窓のそばまで走っていき、隊員が帰るのを見送った。

保育園を後にした隊員が後ろを振り返ると、子供達が窓から手を振っているのが見えた。


 
写真1
10月26日、岩国市内の海土路保育園を訪問中に、ゲームで数字の書かれたカードを上げる米軍放送ネットワーク(AFN)、ニュースキャスターのジャクリン・ホワイト伍長。この日はおよそ10名の隊員が参加し、保育園の子供達とゲームをしたり、ハロウィンの伝統について教えたりした。

写真2
狼男に変装したルイス・アベラルド海軍三等軍曹を見つめる海土路保育園の子供達。保育園の子供達の多くにとって、アメリカのハロウィンの伝統や仮装に触れるのは初めてだった。隊員は子供達に「トリックオアトリート」のやり方を教えたり、ゲームをしたりして過ごした。

写真3
隊員に帽子をのせられて笑う海土路保育園の子供達。10月26日、岩国基地の隊員が岩国市内の海土路保育園を訪問した。この日の隊員の訪問で、子供達は楽しみながら新しいことを経験した。

写真4
お別れを言いながら、岩国基地の隊員にハイファイブをする海土路保育園の子供たち。10月26日、岩国市内の海土路保育園を訪れた隊員はおよそ10名。隊員は地域住民との交流を深めるため、月に一回以上は保育園を訪れている。


SHARE
日本語ニュースアーカイブ
RSS