Iwakuni HomeNews

 

米海兵隊岩国航空基地

米海兵隊岩国航空基地、公式ウェブサイトへようこそ。岩国基地は本州唯一の米海兵隊基地です。
ニュース Search
ニュース
基地住人が篆刻(てんこく)教室に参加

By トリスタ・ホワイティッド兵長 | Marine Corps Air Station Iwakuni-Japanese | December 1, 2019

SHARE

基地住人が11月14日、愛宕ロータス・カルチャーセンターで篆刻教室に参加した。この教室では、独立性易(どくりゅう・しょうえき)と彼が岩国に伝えたとされる篆刻の歴史についての講義がされた。

マリン・コー・コミュニティ・サービス(MCCS)、文化交流プログラム担当のワタナベ・ミキエさんは、基地住人が岩国や日本の文化に慣れ親しむことができるツアーを一年を通じて企画している。

「篆刻には長い歴史があります。性易は岩国藩主、吉川広嘉に医師として招かれたとき、岩国に篆刻を伝えたといわれています。性易はまた、錦帯橋架橋のヒントになる書籍を持参したといわれています。」とワタナベさん。「基地住人の皆さんにこの興味深い歴史を学んでほしいと思い、このツアーを企画しました。」

篆刻は昔、中国から日本へ技術が伝えられて作られるようになったもので、現在も日本や他のアジア諸国で使われている。印章はもともと、権力を示すために皇帝やその親族のみが使用を許されていたが、その後、書簡や書籍、絵画などに署名代わりとして用いられるようになり、現在は誰でも使用するようになった。

篆刻に関する歴史講座を受けた後、基地住人はそれぞれがオリジナルの印鑑を作成し、持ち帰った。

ワタナベさんは、「日本の歴史に関連した、思い出に残るお土産作りを基地の皆さんに体験してもらえました。この印鑑を使うとき、日本の歴史や今日の体験を思い出してくれるでしょう。」と話した。


SHARE
日本語ニュースアーカイブ
RSS