岩国基地内で新型コロナウイルスの存在を確認 #2
14 Jul 2020

【仮訳】基地内にて接触した人や場所についての追跡調査は完了しました。岩国基地は現在、新型コロナウイルスに陽性である基地内の人物が基地の外にて接触した可能性のある人や場所を追跡する地元の保健当局の調査に協力し、連携しているところです。該当する複数の人物は同一世帯に属しており、7月13日に羽田空港から錦帯橋空港へ向かう民間航空機に搭乗していました。現在も、基地内で隔離下にあります。この人物らが新たな接触感染をもたらすリスクは低いです。

基地にとって、日本の隣人とともに分かち合うコミュニティである地域の健康と安全を堅く守り通すことはこの上なく重要であり、新型コロナウイルスの拡大をおさえることは最優先事項です。他と関連しない単独のこの件について、現在、調査がすすめられています。


MARINE CORPS AIR STATION IWAKUNI, Japan (Jul. 14, 2020) –

On-base individual and location contact tracing has concluded. MCAS Iwakuni is presently working in coordination with the local health authorities in support of contact tracing individuals and locations off base that may have had exposure to COVID-19 positive individuals aboard the air station. The individuals in question, all part of the same household, boarded a commercial flight on July 13 from Haneda Airport to Kintaikyo Airport and remain in quarantine aboard the air station. The risk of exposure to new contacts is low.

Preserving the health and safety of the local community, which we share with our Japanese neighbors, is of paramount importance and mitigating the spread of COVID-19 is the top priority for the air station. At this time, an investigation is ongoing into this isolated incident.


報道部

Marine Corps Air Station Iwakuni-Japanese

山口県岩国市三角町官有地 PSC 561 BOX 186