Iwakuni HomeNewsPress Release View

 

米海兵隊岩国航空基地

米海兵隊岩国航空基地、公式ウェブサイトへようこそ。岩国基地は本州唯一の米海兵隊基地です。
更新情報:海上自衛隊/米海兵隊 岩国航空基地フレンドシップデー2018(パフォーマーズ)

April 12, 2018

SHARE

基地を一般開放するフレンドシップデーとして第42回目となる、海上自衛隊/米海兵隊岩国航空基地フレンドシップデーは、大空いっぱいに広がる航空ショーと盛りだくさんの地上展示で、皆様に楽しさに満ちた一日をお届けします。海上自衛隊と共催する基地の一般開放は、アメリカ軍や自衛隊、民間のスカイジャンパーをはじめ、日米両国のジェット機による航空ショーが肩を並べ、海兵隊ならではの空と地上が一体となって作戦行動を展開する海兵空陸任務部隊のショーなどを予定しています。岩国基地へご来場になる方々は、一生に一度の経験となるまたとない航空ショーを目の当たりにされることでしょう。

岩国基地は、5月5日に予定されている海上自衛隊/米海兵隊岩国航空基地フレンドシップデーへこれまでに参加が確定したパフォーマーについて、ここに喜びとともにお知らせ申し上げます。アメリカ海兵隊員、海軍、空軍、陸軍の兵士、また日本の陸、海、空各自衛隊員とともに、故郷から遠く離れ現在わたしたちが住まいとするこの基地へ、皆様をお迎えできますことを楽しみにしております。

公式サイト :friendship-day.net
公式フェイスブック:www.facebook.com/FriendshipDayIwakuni
ホットライン :電話 0827(79)6227

航空ショー:
ロブ・ライダー -北米圏内で行われる航空ショーで最も人気のあるアナウンサーです。彼の才能あふれるナレーションは、航空ショー業界の中でも最も権威のある賞である「ソード・オブ・エクセレンス」賞を、国際航空ショー協会より受賞しました。また、アメリカ中西部で放送されるテレビ番組への出演者として、放送における語り口と音楽とを組み合わせた構成が優れているとして、エミー賞を5度も受賞しています。ロブの持つ、娯楽としてショーを完成させる鋭敏な嗅覚と、航空に関する百科事典のような知識、また豊富な経験と場を盛り上げる技術で、ロブ・ライダーはアメリカ本国で最大級の、あるいは最も重要な航空ショーで求められるショー・アナウンサーのトップに君臨しています。
http://www.robreider.com/

室屋義秀-12年間におよそ170もの航空ショーに参加、WAC世界曲技飛行選手権など世界的に知られたエアロバティックス競技大会で腕を磨いてきました。2009年にレッドブル・エアレースの世界選手権に参加したアジア人初のパイロットとして、ヨシの活躍は東アジア、特に母国日本でのエア・レース競技の人気を押し上げることに貢献しています。
http://www.yoshi-muroya.jp/

ウィスキー・パパ-20年以上にわたり大空を駆け巡るキャリアを積んできた内海昌浩は、数多くの国際エアロバティック競技会に参戦してきました。FAA(米連邦航空局)の無制限クラスのエアショーライセンスを持つショーパイロットとして日本でも知られています。
https://ja14wp.wixsite.com/home/

また、日本の陸上自衛隊が、ラぺリング(ヘリコプターよりロープを伝って降下)を再び岩国にて実演するほか、岩国錦帯橋空港を発着する民間機の合間に、日本とアメリカの数々の航空機がその能力と装備を大空から皆様にお見せいたします。

ゴールデン・ナイツ-岩国基地は、アメリカ陸軍の空中パラシュート公式デモチームである『ゴールデン・ナイツ』を三たび迎えられることを誇りに思います。空中パラシュートにおいて、ショーにおけるデモンストレーションと競技への参加という双方の技量を備えるゴールデン・ナイツは、その空中演技で観客の皆様を魅了します。アメリカ国防総省の定めた公式航空デモチームはたった3つ、その一角を成すのが陸軍のゴールデン・ナイツです。

MV-22レベルIIIデモ-海上自衛隊と米海兵隊が共催するフレンドシップデーでは、MV-22オスプレイが持つ機動性能を航空ショーの中でお目にかけます。レベルIIIデモとは、アメリカ軍が実施する軍用機を使った航空ショーの中でも、最もリクエストされるパフォーマンスのうちの一つです。ショーの中で使用されるのは、世界のどこかで不測の事態が発生した際、海兵隊が実際に現地へ展開できるよう訓練を積み、また現実に展開するものと同じ機体、同じく訓練を積み展開する現役の海兵隊員がその動きをお目にかけます。それゆえに、レベルIIIの飛行展示を海兵隊総司令部が許可するイベントは、どんなに熱望されてもたったの一握り、片手で数えられるほどしかありません。

海兵空陸任務部隊(MAGTF)デモ-さまざまな動きの詰まったこの飛行展示では、海兵隊の持つ運用の多様性と力強さをお目にかけます。海兵空陸任務部隊とは、海兵隊の特徴でもある4つの要素:司令部隊、陸上戦闘部隊、航空戦闘部隊、兵站戦闘部隊とを組み合わせ、空と地上とが一体となって運用するやり方や編制された組織のことです。航空ショーでは、近接航空支援、空中給油のシミュレーションのほか、海兵隊の航空機が遠征展開先の環境で実施するさまざまな動きをお見せします。

太平洋空軍のF-16デモチーム-日本の三沢基地に本拠地を置くデモチームは、イベント参加を通じてアメリカ合衆国と西太平洋地域の国々の良好な関係を深めるのに貢献しています。チームは、空軍のF-16ファイティング・ファルコンを大空を自在に駆け巡らせることで、航空機の息をのむような圧倒的なパワーと機動性能を展示し、航空ファンを喜ばせています。

F-2-航空自衛隊は、空対空および空対地での任務遂行能力など多目的用途に備えた、単発エンジンの支援戦闘機 F-2 を展示飛行します。F-2は、目をみはる機動性能と同時に、そのスピードや馬力に優れた航空機として知られています。航空自衛隊の展示飛行ともなれば、どの航空ファンも見逃したくないものの一つでしょう。

F-35B - アジア地域で史上初となる飛行展示を実施します。世界初の短距離離陸・垂直着陸(STOVL)ステルス戦闘機であるF-35Bは、探知されにくいステルス性能により、これまでの戦闘機がかいくぐることのできなかったレーダーにも捕捉されずに安全に目標領域へ進入が可能です。過酷な状況での運用に対応するため、F-35Bは戦闘機史上最も強力で包括的な統合センサーパッケージを搭載しています。

航空機、そのほかの地上展示:
都合により変更の可能性はありますが、日米の数多くの航空機が地上展示に登場する予定です。海兵隊の第3海兵遠征軍より、F/A-18C/D, MV-22, F-35B および KC-130Jが地上展示に参加、そのほかのアメリカ軍機としてF/A-18E, F/A-18F, E-2D, E/A-18G に H-60も加わります。日本の自衛隊からは、U-36A, F-15, MCH-101, SH-60, KC-767 などが地上展示に参加を予定しています。実際にアメリカ軍が使っている、酷使に耐える頑丈な装備品に興味はありますか?フレンドシップデーは、アメリカ海兵隊の地上戦闘部隊が持つさまざまな装備や能力を目の前でうかがい知ることができる貴重な機会です。岩国基地に拠点を置く第171海兵航空師団支援中隊は、重機などの装備のほか、遠征展開先で海兵隊員に食事を提供する野外キッチン、さまざまな種類の軍用特殊車両を展示します。沖縄からは地上の主力部隊の海兵隊員が岩国に来場、地上での戦術において、海兵隊員がどのような動きをするのかを教えてくれます。海兵隊は独自で航空管制能力があることをご存じでしたか?海兵航空管制部隊は空からの偵察、航空管制のほか、友軍機を誘導する業務も支援しています。海兵隊員がパイロットや航空機の搭乗員、また航空機そのものを含め、空の安全を守るためにどんなお仕事をしているのか、ぜひ触れてみてください。

海上自衛隊/米海兵隊 岩国航空基地フレンドシップデーにて皆様にお会いできることを楽しみにしています!


Update - JMSDF/MCAS Iwakuni Friendship Day 2018 (Performers)

MARINE CORPS AIR STATION IWAKUNI, Japan (Apr 12, 2018) –

Marking the 42nd anniversary of our open house Friendship Day, the JMSDF/MCAS Iwakuni Friendship Day offers a full spectrum of entertainment with an air show in the sky and static displays on the ground. The joint open house will feature both military and civilian jumpers, U.S. and Japanese aerial demonstration jet teams and a Marine Air-Ground Task Force demonstration. Guests attending the event will experience an once-in-a-lifetime air show.

Marine Corps Air Station Iwakuni takes pleasure in announcing performers who confirmed participation at our JMSDF/MCAS Iwakuni Friendship Day, which will be held on May 5. Marines, sailors, airmen and soldiers as well as Japanese Air, Maritime and Ground Self-Defense Force service members look forward to welcoming you at our home away from home.

The event official website – friendship-day.net
The event official Facebook – www.facebook.com/FriendshipDayIwakuni
The event HOTLINE – Tel: 0827(79) 6227

Air Show:
Rob Reider – The most sought-after announcer on the North American Air Show circuit. His talents have earned him the highest award in the air show industry, the International Council of Air Shows “Sword of Excellence.” A former Midwest television personality, Rob received five Emmy awards for his on-air performances and musical compositions. His show business acumen, his encyclopedic aviation knowledge, his experience and his excitement have put Rob Reider at the top of the list as the voice of many of the largest and most important air shows on the continent.
http://www.robreider.com/

Yoshihide Muroya – Having held some 170 air shows over 12 years, Yoshi has accumulated real-time experience from world famous aerobatic competitions such as the “WAC” World Aerobatic Championships. As the first Asian pilot in the Red Bull Air Race World Championship in 2009, Yoshi has helped raise the popularity of the sport in East Asia, particularly in his home country of Japan.
http://www.yoshi-muroya.jp/

Whiskey Papa – Flying for more than 20 years, Masahiro Utsumi has competed in many international aerobatic competitions. He is a popular air-show pilot in Japan who has a Federal Aviation Administration Statement of Aerobatic Competency (SAC) card level 1- Unrestricted.
https://ja14wp.wixsite.com/home/

Japan Ground Self-Defense Force airborne rappelling demonstration comes back to Iwakuni. Additionally, more of U.S.-Japan inventories showcase their aviation capabilities and assets from the sky, along with scheduled arrivals and departures from the commercial airport in Iwakuni.

The Golden Knights – For the third time, the air station is honored to welcome the Golden Knights, the U.S. Army official aerial parachute demonstration team. The demonstration and competition parachute team thrills audiences with their midair performance. The Golden Knights are one of only three Department of Defense-sanctioned aerial demonstration teams.

MV-22 Level III demonstration –JMSDF/MCAS Iwakuni Friendship Day air show will amaze audience members with an air show demonstration that showcases the maneuverability of the MV-22 Osprey. The level III demonstration is one of the most sought-after aerial demonstrations offered by the U.S. military. Demonstrations are performed by the same aircraft and Marines who train and deploy in support of real-world contingencies. For this reason, Headquarters Marine Corps selects only a handful of events to receive the coveted demonstration.

The Marine Air-Ground Task Force demonstration – An action-packed demonstration that showcases the diversity and power of the Marine Corps. The MAGTF is the organizational structure of the Marine Corps and is made up of four elements: command, ground combat, aviation combat and combat service support. During the MAGTF demonstration, audiences will be thrilled with close air support, simulated aerial refueling and extended capabilities of Marine Corps assets to perform in expeditionary environments.

Pacific Air Forces' F-16 Demonstration Team – based at Misawa Air Base, Japan, promotes positive relations between the U.S. and nations across the Western Pacific. Flying the Air Force's F-16 Fighting Falcon, the team demonstrates the breathtaking power and maneuverability of the aircraft to the delight of aviation enthusiasts everywhere.

F-2 – Japan Air Self-Defense Force will be showcasing its F-2 multirole, single-engine fighter aircraft, which is popular for its air-to-air and air-to-surface capabilities. The F-2 is known for its incredible maneuverability, speed and power. This is an aerial demonstration every aviation enthusiast will want to see.

F-35B Lightning II - Performs aerial demonstration for the first time in Asia. The world’s first short-takeoff, vertical landing (STOVL) stealth fighter. The F-35’s low observable stealth allows it to safely enter areas without being seen by radars that legacy fighters cannot evade In addition to the ability to operate in austere environments, the F-35 brings the most powerful and comprehensive integrated sensor package of any fighter aircraft in history. 

Aircraft Static Displays/Ground Static Displays:
Subject to change, we currently have numerous U.S. and Japanese aircraft static displays, to include: F/A-18C/D, MV-22, F-35B and KC-130J from U.S. Marine Corps III Marine Expeditionary Force. Other U.S static displays include F/A-18E, F/A-18F, E-2D, E/A-18G and H-60. Japan Self-Defense Force aircraft will include U-36A, F-15, MCH-101, SH-60, KC-767 and more. Interested in professional, heavy-duty military gears? It is also a precious opportunity to get first-hand experience of Ground Combat Element capabilities of the U.S. Marine Corps. Iwakuni-based Marine Wing Support Squadron 171 offers heavy equipment and utilities equipment, Expeditionary Field Kitchen and a wide variety of military vehicles. Marine tactical units from Okinawa will serve as a great addition and will share their proficiencies in tactics on the ground. Did you know Marine Corps is capable of its own aviation command and control? Marine Air Control Squadron 4 provides aerial surveillance and air traffic control as well as navigational assistance to friendly aircraft. Visitors are welcomed to see and learn what Marines do to ensure the safety of the pilots, aircrew and aircraft.

We look forward to seeing you at the JMSDF/MCAS Iwakuni Friendship Day!



Marine Corps Air Station Iwakuni-Japanese 報道部
山口県岩国市三角町官有地 PSC 561 BOX 186

Phone: 0827-79-5551 Fax: 0827-79-5554
iwakuni.pao@usmc.mil
SHARE