Iwakuni HomeNews

 

米海兵隊岩国航空基地

米海兵隊岩国航空基地、公式ウェブサイトへようこそ。岩国基地は本州唯一の米海兵隊基地です。
ニュース Search
ニュース
みかんの贈り物

By ケイシー・ネバーズ一等兵 | | February 3, 2011

SHARE

2月3日、マシュー・ペリー小学校がサクラ劇場で第一学期のセメスター・アワードの表彰式を行った。セメスター・アワードとは、成績が優秀だった児童や、課外活動で努力した児童を学期ごとに表彰するもの。この日はセメスターアワード以外に、特別なプレゼントが児童たちに贈られた。

この日、児童たちに特別なプレゼントを持ってきてくれたのは、JA山口大島から吉村基組合長と指導販売部のヤマモトヒデユキ副部長、岩国青果卸売組合のオカダミツオ組合長、岩国青果物仲買人組合のキフネヒトシ組合長、岩国広印青果株式会社の隼田和典社長、福田良彦岩国市長の計6名。

6名の日本人は、岩国基地と日本のコミュニティとのつながりを深めようとこの日基地を訪れた。

この日贈られたみかんは20箱で、すべて周防大島で収穫されたもの。

「是非、毎年の恒例行事にしたい。」と吉村組合長。「これを機会に、日米の交流が深まってほしい。」

「今日の表彰式に出席して、基地の皆さんとの友情を深めることができました。」と吉村組合長。「今後、周防大島の子供達と基地の子供達が交流できたらいいと思っています。」

児童にみかんが贈られると、今度はペリー小学校の児童会から6名の日本人へ学校のロゴが入ったシャツが贈られた。

「これは子供達を中心としたすばらしい文化交流だと思います。」と話すのは、ペリー小学校のリーディングスペシャリストのネトラ・ハーウェル先生。

この日はマシュー・ペリー小学校の3年生から6年生までの児童が表彰式に参加していた。

「日本の農業に携わる皆さんが子供達のことを考えてくれていることに感謝しています。」とハーウェル先生。

児童たちも、寄付された20箱ものみかんを見て驚いていた。

「みかんは安い果物ではないのに20箱ものみかんをいただきました。こんなにたくさんのみかんをプレゼントするために皆さんがしてくださった努力に感謝しています。」と話すのは、ペリー小学校六年生のデイビッド・ラスムッセンさん。

表彰式が終わると、日本人の訪問者は児童たちから贈られたシャツに感謝し、児童たちは贈られたみかんをおいしそうにほおばっていた。


 
写真1
2月3日、サクラ劇場で20箱のみかんがマシュー・ペリー小学校の児童に贈られた。贈り主の一人であるJA山口大島の吉村基組合長が児童と話している。みかんは、基地と地域の文化交流のために贈られた。


SHARE
日本語ニュースアーカイブ
RSS