Iwakuni HomeNews

 

米海兵隊岩国航空基地

米海兵隊岩国航空基地、公式ウェブサイトへようこそ。岩国基地は本州唯一の米海兵隊基地です。
ニュース Search
ニュース
岩国錦帯橋空港が開港-交通の利便性向上

By ブライアン・スティーブンズ兵長 | | December 9, 2012

SHARE

岩国錦帯橋空港の開港式典が行われた12月9日、日本人来賓、米軍人、民間人が空港に集まった。

空港ターミナルビル内で行われた式典にはおよそ100名が出席し、空港外の駐機場では約1,000人によるリボンカットが行われた。

式典に出席した山本繁太郎山口県知事は、「地域の多くの方々の20年に渡る長年の努力がやっと実を結びました。」と挨拶した。「岩国の空港開港が地域社会の活性化、繁栄、発展に確実に結びつくよう最大限の努力を続けてまいります。」

空港完成は岩国地域にとって重要な位置づけとなるが、これで終わったわけではない。

「民間空港の開港は最終目標ではありません。」と福田良彦岩国市長。「開港は新しい始まりです。この民間空港を最大限活用し、地域社会の活性化と発展のため、また、これまで岩国とは縁がなかった人や物が交流する拠点となるよう、努力を続けていきます。」

米軍人とその家族を代表して、在日米軍副司令のアンドリュー・オドネル・ジュニア少将が挨拶をした。

「錦帯橋空港開港という記念すべき努力と苦労の結果を見ることができ、大変うれしく思います。この空港施設は、私たちの友人、隣人である皆様の繁栄を表すだけでなく、私たち米軍関係者の生活の質も向上することを意味しています。私たちのほとんどは日本から遠く離れたところからここに来て駐留していますが、空港開港により、地球の半分を旅行するという不便さが軽減されます。米軍岩国基地内にある錦帯橋空港とそれが地域社会にもたらすものはすべて、日米二国間の協力関係と友好を象徴するものです。友人、隣人の皆さん、私たちが共有する歴史における新しい章の始まりに、皆さんの幸運と繁栄をお祈りしています。ありがとうございました。」

全日本空輸は、岩国錦帯橋空港と羽田東京国際空港間を1日4往復する便を運航する。

空港が建設され、隊員やその家族の交通の利便性も向上するだろう。


写真1:
2012年12月9日、日本人来賓と一緒に岩国錦帯橋空港開港を祝うテープカットをする岩国基地司令官のジェームズ・スチュワート大佐(左から3人目)。

写真2:
2012年12月9日、岩国錦帯橋空港開港式典で来賓を前に挨拶する、福田良彦岩国市長。
SHARE
日本語ニュースアーカイブ
RSS