ニュース
米海兵隊岩国航空基地

ニュース

Photo Information

Hitomi Yamaguchi, a logistics-contractor specialist, reads a thank-you note she wrote to her guests during her retirement ceremony at Marine Corps Air Station Iwakuni, Japan, Dec. 16, 2016. Yamaguchi started working at the air station in 1974 and held four jobs during her 42 years of as a stock control clerk, a voucher examiner, and an administrator specialist. However, she spent most of her time as a logistics-contractor specialist. (U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Gabriela Garcia-Herrera)

Photo by Lance Cpl. Gabriela Garcia-Herrera

岩国基地への42年に渡る貢献 

5 Jan 2017 | ガブリエラ・ガルシア=ヘレラ兵長 Marine Corps Air Station Iwakuni-Japanese

おしゃべりと笑い声に包まれた、明るく照らされた部屋に入ってくるゲストを、ヤマグチ・ヒトミさんは笑顔とハグで迎え入れた。

2016年12月16日、岩国基地で42年間勤務してきた補給部契約専門職のヤマグチ・ヒトミさんの退職式が行われた。

ヤマグチさんは1974年に基地で働き始め、これまで4つの仕事を経験した。在庫管理、バウチャー検査、管理専門職と勤めてきたが、補給部契約専門職としての勤務が一番長い。

「私は幸運だったと思います。」とやまぐちさん。「上司の方々は皆さん、私に親切にしてくださり、多くのことを学ばせていただきました。よいアドバイスをたくさんしていただき、励ましてくれました。それが人としての成長を助けてくれました。」

やまぐちさん自身も、基地勤務中に多くの人に影響を与えてきた。彼らの多くは山口さんの42年にわたる勤務をたたえるこの会に参加した。

「ヤマグチさんとの仕事はいつでも、とても楽しいものでした。」と話すのは、ヤマグチさんの友人の一人でもある、購買・契約職アシスタントのニッタ・ナオコさん。「ヤマグチさんは小柄な方ですが、補給部の事務所では『大物』として知られています。彼女は契約に関して何でも知っていて、そのことが彼女を本当の宝にしているのです。」

基地で働くことは、ヤマグチさんに新しいことを経験するチャンスを与えてくれた。

「基地内では、たくさんのことが私にとって新しいことでした。」とヤマグチさん。「私が働き始めたころは、フレンドシップデーでハリアーが展示飛行していました。日本人がハリアーに搭乗するより前に、私がハリアーを見ているのは、興味深いと思いました。」

42年前にヤマグチさんが基地で働き始めたとき、彼女にとって何もかもがそれまでとは違っていた。当時は何を期待されているのかもわからなかったが、今、ヤマグチさんは自身の経験を、基地がどんな場所なのか、どんなことが起きているのか知らない人々と分かちあっている。

「岩国基地で働ける仕事があることを知りませんでした。」とヤマグチさん。「基地で働き始めたとき、仕事について学んだり、人として成長する機会が多くありました。ここで働けたことは、私にとって名誉なことであり、大きな喜びです。」


More Media

日本語ニュースアーカイブ

RSS